茶渋をスルッと落として気分よくお茶を飲む

コーヒーと紅茶、みなさんはどっち派でしょう?
結論から言うと、わたしは外ではコーヒー、家では紅茶が多いかな、
というパターンが多いような気がします。
家で紅茶が多い理由としては、つくるのが簡単だしいっぱいつくれるから!
コーヒーも家でドリップして飲むのは大好きですが、
なんとなくコーヒーは味わいながら飲むか、甘いものと一緒に飲みたいので、
家ではがぶがぶ飲みたいことが多いので紅茶が多いです。
ちなみに紅茶はミルクティー。

余談

茶の本場イギリスでは、
ミルクと砂糖なしの紅茶はあまり考えられないらしい。
ミルクが入らないと熱いじゃない!
砂糖が入ってないと甘くないじゃない!
という人が多いようで、ストレートで飲む習慣はあまりない様子。

あとロンドンには日本以上にコーヒーチェーンがめちゃくちゃ多い!
日本と同じく、コーヒーチェーンでも紅茶は売ってるけど、
紅茶専門店でチェーン店ってほとんどなかったなあ。イギリスなのに。
どこかで聞いた話だけど、イギリス人も日本やアメリカと同じく、
外ではコーヒーの持ち帰りが多くて、家では紅茶が多いとか。
紅茶はあくまでもカップで落ち着いて飲むものなのかも。

 

紅茶好きが必ず苦しむ茶渋

f:id:everydaymoromoro:20171219084337j:image

話が逸れたのですが、家では紅茶を飲むことが多いということ、
それは茶渋との戦いが生まれるということです。
カップはもちろん、ティーポットの茶渋が結構ひどくつきます!
我が家で使っているティーポットも写真の通り、結構な茶渋が。
(わたしがずぼらなのは認めるけど、それだけではないはず…)
先日ついに「もう限界だろう」ということで、
ついに重い腰を持ち上げて、前から話には聞いていた、
重曹をつかって落とす方法を試してみました!

 

重曹での茶渋の落とし方

やり方はいたって簡単。

  1. 重曹を大さじ2杯程度入れる
  2. 沸騰させた熱湯を注ぐ
  3. 放置
  4. お湯が少し冷めたらスポンジで洗う

以上です!
基本放置なので楽チン!ずぼらなわたしでも全然苦じゃなかったです。
参考にしていたのが、こちらの記事。
ここにも書いてあるように、熱湯を使うというのがミソのようです。

hama73.com

 

放置するだけでだいたい落ちる

f:id:everydaymoromoro:20171219084400j:image

こちらが↑の方法で茶渋を取り除いたティーポット。
くちばしの細い部分は重曹が行き届きにくかったり、
細いスポンジがなかったのでまだ不十分なところがあるけれど、
全体的にはかなりすっきりクリーン!
わたしは寝る前に重曹と熱湯を入れておいて、朝スポンジで洗ってたんですが、
他の洗い物と一緒に洗っちゃうだけで特別なことはしなかったので、
「茶渋落とさなきゃ…」というストレスとか手間が0
こんなことならもっと早くやっておけばよかった!

味が変わるわけではないけど(厳密に言うと変わるのかな?)、
なんだか気持ちよくお茶を淹れられるし、やっぱり綺麗にしておくべきだなあ。
より紅茶ライフがはかどる!最近寒いしね。

ちなみに愛用しているポットはHARIOのガラス製ティーポット。
形がかわいいのはもちろん(重要)、
茶葉がポットの中で踊るように(ジャンピングするように)設計されているらしい。
注ぎ口の切れもいいのでおすすめです!

 

重曹の効果、あなどってた

重曹の効果やお掃除道具としての使い方をググると、
これでもかというほど記事が出てきます。
わたしの重曹デビューがかなり遅かったので、ご存知の方も多いと思いますが…!
茶渋落とし以外にも、

  • 重曹水を使ってコンロ周りの掃除(重曹は油分を溶かすらしい)
  • 排水溝のぬめりとり
  • かかとなどの角質ケア
  • お肉を柔らかくする(タンパク質を分解)
  • ホットケーキをふっくらさせる

などなど、色んな効果や使い方があるみたいですね〜。
全部は試せてないけど、ぬめりとりやコンロ周りの掃除は近々やりたいな。
もともと食材なので、口に入っても大丈夫なところがいい!
ハイターとかだと、万が一洗い忘れがあったりするといやだし、
コンロ周りも化学薬品が残って引火したりするのもこわいし。
これから大掃除の時期にもなるので、
なるべく手間なくストレスなくお掃除したい!

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ